こんなお困りごとはありませんか?

退院することになったけど、管が入ったまま家に帰るのは不安で…

最期を自宅で過ごしたいと本人は望んでいますが、急変したらどうしよう…

子どもに障がいがあるのですが、私たちだけで世話できるか不安で…

訪問看護はどんなサービスですか?

訪問看護とは、看護師やセラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)がご自宅に訪問して、その方の病気や障がいに応じた看護やリハビリを行うことです。健康状態の悪化防止や機能回復訓練さらにはADLやiADLの向上、社会参加に向けてのお手伝いをさせていただきます。

具体的なサービス内容

さまざまなサービス・プログラムの中から、最適なものをご提案しています。

医師の指示による医療処置

お医者さんと連携のもと病院で行われる医療処置(経管栄養、中心静脈栄養、褥瘡のケア、カテーテル類の交換、酸素療法、人工呼吸器などの医療機器の管理、ストーマ管理、静脈注射など)を実施します。

リハビリテーション

リハビリ専門職である3職種(理学・作業・言語療法士)を配置し、体の状態に合わせた訓練をしてきます。機能回復訓練はもちろん、ADLやiADLといった活動へのアプローチ、さらには社会参加の促進に対してもサポートします。

日常生活のケア

バイタル管理、症状の観察、服薬管理、排泄ケア、入浴、衣服の着脱などをサポートします。

終末期におけるケア

がん末期や終末期を自宅で過ごせるようお医者さんと連携してサポートします。苦痛緩和の看護や精神的支援などを実施します。

24時間対応

自宅でも症状等に変化があります。そんな時でも24時間での対応をしており、電話相談や緊急での夜間訪問をします。安心して生活できるように365日サポートします。

ご家族への支援

在宅で医療ニーズのある方を見ていくのは非常に不安だと思います。そんな不安に対しては、クラセルに属する経験豊富な看護師が相談にのらせていただきます。日常ケアの指導や医療器具の管理法の指導・相談など何でもご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。098-958-3977受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ